建築ジャーナル
2005年6月号「できてますか? 電磁波対策」の特集が別
冊になりました。
手に持っているのは40wの蛍光灯です。
【電磁波被害者の日常生活】
【オール電化、IHクッキングヒーターは大丈夫?】
【建築士が提案する電磁波対策住宅】
【目次】
1 電磁波被害者の日常
 PHSの電磁波がわが家に命中、安住の場を求めて流浪
2 物理学者からの警鐘
 (荻野晃也 電磁波環境研究所所長)
 「オール電化」する前に、知っておきたい電磁波問題
3 電力会社全10社アンケート
 オール電化は経済的で清潔で、しかも安全です!
4 消費者からの疑問
 (久保美恵子・滝沢厚子 くらしを見つめるひととき)
 オール電化、ほんまに大丈夫?IHクッキングヒーター
 は要りません!
5 設計者のノウハウ
 (高野瞳 タカノ環境建築設計室代表)
 電磁波をカットする住まいの対策
6 弁護士からの告発
 (山ア浩一 京都弁護士会電磁波問題プロジェクトチー
 ム代表)
 電磁波に関わる一切の情報公開から始めよ
7 医師による対処法
 (坂部貢 北里研究所病院臨床環境医学センターセンタ
 ー長・北里大学教授に聞く)
 電磁波による健康障害は、現代病である
【コラム】
1 電磁波問題に取り組む市民団体
 (電磁波市民問題研究会・電磁波問題関西連絡会)
 電磁波による健康被害はいつ誰が発症してもおかしく
 ない
2 疫学はなぜ日本で重要視されないのか
 (津田敏秀 岡山大学大学院教授)
 人体への影響調査は被害防止に有効
建築ジャーナル さまのご協力をいただいております。
・Tel 03-3861-8101/Fax 03-3861-8205
ご希望の方は本社窓口へ
お問合せ:.0144-32-5383(営業部)
<< 戻る